QLOOKアクセス解析
トップホイール・ギア・タイヤ > 現在のページ

ブレーキはカンチブレーキを使う

古風なブレーキ

シクロクロスのブレーキはカンチブレーキというタイプを使います。昔はMTBにも広く使われていましたが、今ではシクロクロスかランドナーぐらいしか利用されていません。

Vブレーキとカンチブレーキ

Vブレーキは、現在のMTBで使われるVブレーキ、ロードレーサーのキャリパーブレーキより制動力がかなり弱くなります。しかしシクロクロスレースではホイールをロックするような強いブレーキは必要ないため、むしろこの特徴は便利です。

また、カンチブレーキは他のブレーキより調整が難しくなります。非常にシビアに調整しないと制動力がさらに弱くなる上に、ブレーキ時に音鳴りが起こります。調整はやや難しいと思います。

Vブレーキに交換することも可能です。この場合はSTIに対応したショートアームVブレーキ、もしくはワイヤー引きしろを調整するアジャスターが必要となります。

最近の街乗り向けシクロクロスだと、MTBと同じくVブレーキを採用しているものも多くなっています。

カテゴリ:【ホイール・ギア・タイヤ