QLOOKアクセス解析
トップ > ホイール・ギア・タイヤ

車輪やギア周りパーツの情報・解説

シクロクロスの最大の特徴は、そのクールなルックスと相反するような、実用的、かつ乗り心地がいい太目のタイヤです。

ロードレーサーでよく求められる、太目のタイヤが欲しいという要望。これを実現して、なおかつ、様々な環境の道路でも走行可能にした特徴が、ホイール周りに終結しています。

このカテゴリでは、ホイールやタイヤ、ギア周りの特徴と知識についてまとめてみました。

カテゴリ内ページ一覧

リアエンドは132.5mmのロード、MTB兼用がある
シクロクロスには130mm、135mm、さらに中間の132.5mmのリアエンド幅があります。その理由と注意点。
シクロクロスレースではチューブラーが人気
シクロクロスレースでは、WOタイヤではなくチューブラータイヤを使うのが結構人気となっています。
レースではカーボンディープリムも使われる
シクロクロスは泥道を比較的ゆっくり走ることも多い自転車競技ですが、カーボンのディープリムホイールを使う人が多いようです。
ブレーキはカンチブレーキを使う
シクロクロスではブレーキにカンチブレーキというタイプを使います。その特徴は?
タイヤの太さは28~32Cが一般的
シクロクロスのタイヤは、ロードレーサーより太めが一般的です。
ホイールチェックin「関西シクロクロス2011-2012第1戦・府民の森ひよし」
関西シクロクロス2011-2012第1戦・府民の森ひよしで使用されたホイールを画像からチェック。カーボンは思ってたより少なかった。