QLOOKアクセス解析
トップハンドル周り > 現在のページ

ステムを裏返しで使うことが多い

操作性を重視するために

シクロクロスはロードより上体を起こしたポジションで乗ります。レースの場合も同じです。

高速走行をしないので空気抵抗より操縦性を重視するためです。そのポジションを得るためにステムを逆向きにして、ハンドルの位置が高くなるようにするケースがあります。

ステム裏返しの様子
左が通常の向き。右が裏返し。垂直にステムがささった状態だが、これだけ高さは変わる

シクロクロスはアップライトで乗りやすいと言われていますが、実際はステムを反対にするだけでこのアップライトポジションは確保できたりします。ヘッドチューブが短め、アヘッドのコラム長に余裕がないときに便利です。

ステムを反対にしたときの問題点ですが、見た目が悪くなるということでしょうか?悪いというか、やはりシルエットがロードレーサーだけに、ステムが上を向いていると違和感を感じるだけです。

また、裏返しに使うことで、ハンドル位置が高くなるだけでなく、かなり近くなります。この点も踏まえて、ベストなポジションを探す必要があります。

カテゴリ:【ハンドル周り