QLOOKアクセス解析
トップフレーム・車体 > 現在のページ

シクロクロス競技のためならスローピングフレームに注意

担ぎが必要なシクロクロスレース

ロードレーサーはスローピングフレームが人気ですが、シクロクロスの場合、レース・競技に使うつもりなら注意が必要です。

シクロクロスレースは、障害物を超える時に自転車から降りる必要があります。この時にフレーム前三角に肩を入れるように担ぎます。フレームがスローピングフレームだと担ぎにくくなります。

スローピングの角度がきついとかなり担ぎにくくなります。そのためシクロクロスフレームはロードに比べてスローピングが少なくなっています。街乗りなら担ぐ必要ないので関係ありません。

真剣にレースに出ようと考えているなら、スローピングフレームは避けたほうが無難です。特にフレームサイズが小さいとなおさらです。担ぎが重要な勝負要素になるシクロクロスレースでは、こんなことにも気を使わないといけません。

カテゴリ:【フレーム・車体