QLOOKアクセス解析
トップシクロクロスについて > 現在のページ

ツーリングにも活躍する

自転車ツーリングにぴったり

ツーリングと言えば、オートバイでのツーリングが一般的に浮かびますが、このシクロクロスを使った、自転車でのツーリングも非常に楽しいものです。

荷物が少ないのならロードレーサーでも十分ですが、ツーリングに慣れていない人には少々扱いづらい面もあります。

荷物がやや多い、特に急いで走らないのなら、シクロクロスに太めのタイヤで走ると快適にツーリングを楽しめるでしょう。速度はロードより落ちますが、ツーリングでは速度より快適性を重視したほうが、結果的によかったと思うことが多いからです。

また、ツーリングぐらいに長距離になると、MTBなどのフラットバーでは手首が痛くなってきます。

その点、シクロクロスのドロップハンドルは手首が自然な向きになるため、そのような痛みは起きにくくなります。この点でもシクロクロスが有利です。

予定に無い悪路でも対応する

また、ツーリングでは予定外の道を走らされることもあります。いきなり道が未舗装になるときもあります。ロードレーサーでもある程度の砂利道ならパンクせずに走れますが、慣れていないと簡単にパンクすることもあります。

ぬかるんだ道も細いタイヤのロードレーサーには厄介です。タイヤが太目のシクロクロスなら、道にめり込まずに走ることができます。

日本国内はどこも舗装されている道が多いので、普通にツーリングする分なら、道の悪さは考慮しなくていいでしょう。ただ、メイン道路から外れるようなコースを取るなら、シクロクロスのほうが心強いでしょうね。

自然をいっぱい楽しむ林道ツーリングなら、なおさらシクロクロスがばっちりでしょう。

カテゴリ:【シクロクロスについて